TOP > デザイン > Illustrator > illustratorのブレンドツールで作る3D文字から基本まで

illustratorのブレンドツールで作る3D文字から基本まで Illustrator

illustratorのブレンドツールで作る3D文字から基本まで

デザイナーMM

2019/06/23

138

LineLine

はじめに

illustratorのブレンドツールに対して基礎知識がある方は、基礎編は飛ばして応用編から読みすすめてください。

 

イラレにおけるブレンドとは

illustratorのブレンドとは2つのオブジェクトを混ぜ合わせる機能です。考え方として「形」「色」の2要素がブレンドされます。

 

illustratorのブレンドツール2つ 形のブレンド、色のブレンド

 

ブレンドツールの使い方(基礎)

illustratorのブレンドツールの基本機能を説明します。

 

色がブレンドされる

黄色と赤なら途中はオレンジになります。混ざり合って一つのオブジェクトになります。

 

まずは2つのオブジェクトを選択します。

illustratorブレンドツールの使い方 まずは選択します。

 

「オブジェクト」→「ブレンド」→「作成」を選択します。

 

illustratorブレンドツールの使い方 オブジェクトからブレンド、作成を選択します。

 

オブジェクトAとBがまじりあって、一つのブレンドが作成されました。

 

形がブレンドされる

色だけではなく、形もブレンドされます。この例では、三角から星に形状がブレンドされています。

 

illustratorブレンドツールの使い方 形もブレンドされる

 

3つのブレンドのかかり方(オプション)

実は、3つのオプション設定でブレンドのされ方が異なります。「オブジェクト」→「ブレンド」→「ブレンドオプション」で設定します。

 

illustratorブレンドツールの使い方  3つのブレンドのかかりかた(オプション)

 

スムーズカラー

グラデーションのようにスムーズにブレンドされるのが「スムーズカラーオプション」です。上記の例で、色のブレンドはスムーズカラーを選択しています。

 

illustratorブレンドツールの使い方 スムーズカラー

 

ステップ数

オブジェクトどうしを一定間隔で並べるのが「ステップ数オプション」です。例では10に設定されているため、AとBの間に10このオブジェクトが等間隔で並んでいます。

 

illustratorブレンドツールの使い方 ステップ数

 

距離

「距離オプション」ではより詳細に距離を指定できます。この例では80pxの間隔で並ぶように指定しています。

 

illustratorブレンドツールの使い方 距離

 

パスにそったブレンド

ブレンドのかかり方ではなく、ブレンドされるオブジェクトの向きの設定も可能です。

 

まずは、ステップ数10でブレンドをしてみます。ここでは形状はわかりやすくするために、丸ではなく、縦長のオブジェクトにしています。

 

illustratorブレンドツールの使い方 向き まずはステップ数10でブレンドします。

 

実はブレンドツールで作成されたオブジェクトはパスでつながっています。つまり、パスを曲げたり、アンカーポイントを追加したりなど通常のパスの加工が可能です。

 

illustratorブレンドツールの使い方 向き オブジェクトAとBはパスでつながっています。

 

アンカーポイントの追加ルールでパスの一部をクリックします。中央にアンカーポイントを打ち、ダイレクト選択ツールでアンカーポイントを移動します。

 

illustratorブレンドツールの使い方 向き アンカーポイントの追加ツールで中央にアンカーポイントを追加して加工します。

 

方向の2つのアイコンを選択することで、左側は「パスに対して垂直」、右側は「パスに沿う」ことができます。

 

illustratorブレンドツールの使い方 向き パスに対して垂直とパスに沿う方法

 

ブレンドの解除

ブレンド前の状態に戻すには、「オブジェクト」→「ブレンド」→「解除」でOKです。

 

illustratorブレンドツールの使い方 解除の方法

 

個別のオブジェクトに変換(拡張)

それぞれ個別オブジェクトのパスに変換するには「オブジェクト」→「ブレンド」→「拡張」

 

illustratorブレンドツールの使い方 個別のオブジェクトに変換

 

ブレンドを反対方向からかける

「オブジェクト」→「ブレンド」→「オブジェクトを反転」でブレンドを逆からかけることができます。

 

illustratorブレンドツールの使い方 ブレンド軸を反転

 

ブレンドオブジェクトの前後を反転

「オブジェクト」→「ブレンド」→「前後を反転」で並んだオブジェクトの前後の並びを入れ替えることができます。

 

illustratorブレンドツールの使い方 オブジェクトの前後を反転

 

任意のパスに置き換える

作成したブレンドと任意のパスを同時に選択し、「オブジェクト」→「ブレンド」→「ブレンド軸を置き換え」でそのパスの形状に置き換えることができます。

 

illustratorブレンドツールの使い方 任意のパスに置き換える

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)

ブレンドツールはかなり特殊なツールですが、工夫次第では面白いものが作れます。

 

ブレンドツールを使った3D文字表現

グラデーションのオブジェクトを作成しコピーします。

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字まずはグラデーションのオブジェクトを作る

 

 

2つのオブジェクトを選択した状態で「オブジェクト」→「ブレンド」→「作成」します。その際に、「ブレンドオプション」はスムーズカラーにしておきます。

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字 ブレンドツールでスムーズカラーで作る

 

ペンツールで文字を作成します。

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字 ペンツールで文字を作成する

 

 

 

線のパスと、先ほど作成したブレンドーツルを選択した状態で、「オブジェクト」→「ブレンド」→「ブレンドを置き換え」を行います。

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字 ブレンドツールで作成されたオブジェクトと文字を選択して、ブレンド軸を置き換え

 

一つのブレンドに対して一つのクローズパスなので、どんどん置き換えていきます。

 

ブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字 ブレンドの置き換えがされました。

 

完成しました。80年代っぽいというかネオン管というか、通常のイラレの操作では難しいようなレトロな表現を作成するときに適していると思います。

 

illustブレンドツールを工夫して利用する(応用)3D文字が完成しました。ratorのブレンドツールの使い方(初心者向け)

 

正直、ブレンドツールを実務で使うのはなかなか難しいのですが、特殊な表現が必要な場合に使える機能ですので、覚えておいて損はないと思います。

 

youtubeチャンネルはじめました。

デザイナーMM

ハードコアな音楽とホラー映画を愛するデザイナー。PUBGの実況動画をご飯を食べながら見るのが趣味

138

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事