TOP > デザイン > Illustrator > イラレの波線の作りかたと、苦手な表現

イラレの波線の作りかたと、苦手な表現 Illustrator

イラレの波線の作りかたと、苦手な表現

デザイナーYU

2019/05/03

0

LineLine

イラレの波線の作りかた

サクッと一発でできるIllustratorの波線の作り方。効果一発でできる分、使いにくい癖もあります。

 

線を引く

ペンツールで線を引きます。

 

イラレの波線の作り方 ペンツールで線を引く

 

 

効果ジグザグ

「効果」→「パスの変形」→「ジグザグ」で滑らかにを選択します。

 

イラレの波線の作り方 効果ジグザグ

 

アピアランスなので調整可能

アピアランスなので、後から調整が可能です。対象オブジェクトを選択した状態で「ジグザグ」をクリックで数値の調整ができます。

 

イラレの波線の作り方 アピアランスなので後から調整

 

具体的な使用例と使いにくい点

効果で一発で変換できる分使いにくいのが、四角形の場合4辺すべてに効果が適用されてしまうところです。つまり下記の水や雪みたいな厚みをだした表現がやりにくいのが現状です。一部のパスのみだけ波線が適用できるようになれば良いんですが。

 

イラレの波線の作り方 効果で一発で波線をつくれるので四角形の場合4辺全てに適用されてしまう。

 

アピアランス分割を適用してしまうと線が塗りに変わってしまうので、色々とやり方がありますが、私の場合、選択した状態で「SHIFT+OPTION」を押しながら上にもっていき、ドラッグ&ドロップします。そしてコピーの繰り返しである「COMMAND+D」で波の厚みをつくることで比較的楽に作成します。

 

イラレの波線の作り方 選択した状態でコピーして波の厚みをつくっていくことで回避

今回のコピーの繰り返しのショートカット記事はこちら

 

 

デザイナーYU

家電系のデザインを得意するデザイナー。かわいいものと甘いお菓子と秋葉原が好き。量販店をはしごして、色々な製品をチェックするのが趣味のデザイナー。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事