TOP > デザイン > Illustrator > Illustratorのアウトライン解除はできないが、できるだけ復元する方法

Illustratorのアウトライン解除はできないが、できるだけ復元する方法 Illustrator

Illustratorのアウトライン解除はできないが、できるだけ復元する方法

デザイナーMM

2019/05/19

0

LineLine

はじめに

こんな人に向けた記事です。

 

  • illustratorデータを誤ってアウトライン化してしまった
  • アウトライン後のデータしかもらえないけど修正しないといけない

 

どっちも、ときどきありますよね。

 

アウトライン化されたデータの完全復元方法はありません!

アウトライン化されたものを復元する機能はありません。ただし、できるだけ復元する苦肉の策はあります。

 

 

イラレのアウトラインのテキスト情報を抜き出す方法

この方法は、そのまま復元できるわけではなく、テキスト情報だけ抜き出して、イラレストレーターで組み直しになります。

 

イラレの背景などの装飾のカット

aiファイルを一つ複製します。そして、そのファイルの背景などできるだけ取り除きましょう。文字がなるべく読み取りやすいように、文字に被る装飾を削除します。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す 背景などの装飾のカット

 

PDF互換ファイルを作成をチェックして保存

装飾の削除が終わりましたら、PDF互換ファイルを作成をチェックして、一旦保存します。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す PDF互換ファイルを作成をチェックして一旦保存する

 

aiデータをAdobe Acrobatで開く

aiデータをイラレで開くのではなく、アクロバットで開いてください。アクロバットReaderではなく、アクロバットで開きます。

 

そのあと、「ツール」→「PDFを編集」をクリックします。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す aiデータをAdobe Acrobatで開く

 

アウトラインデータのテキストが抜き出せます

これでテキストが、抜き出せます。もちろん、画像のテキストは抜き出せません。また加工した文字は抜き出せません。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す テキストが抜き出せます

 

全てのテキストを抜き出せるわけではない

この例のテキストの場合「ー」の部分が分割されています。

 

たくさんの文字が分割されて、コピーするより新しく文字を打ったほうが早いレベルのエラーや、一文字抜けたりするようなエラーもよく起こります。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す しかしところどころ問題があります。

 

似ているが、ちょっと違う漢字に置き換わることがあります。「力」と「刀」や「眠」と「眼」などです。仕方がないなと思う反面、似て非なるものが入ったテキストは、新たな問題が発生します。

 

あっている眼で校正すると、その微妙な違いに気がつかないのです。これが大きな問題になることがあります。

 

ミスなくテキストを修正する方法

PDFから文字変換でできたaiデータの一番の問題点が、似て非なるパッと見ではわからないデータができてしまうこと。それを回避するために、作り直したaiデータを正しいPDFの上に重ねます。その際、正しいPDFの透明度をさげて重ね合わせます。

 

イラレのアウトライン解除できないができるだけテキストを抜き出す 正しいPDFをaiの上にのせる

重ねることで、微妙な変化がわかりやすく浮かび上がってくるので、とてもオススメのチェック方法です。

 

youtubeチャンネルはじめました。

デザイナーMM

ハードコアな音楽とホラー映画を愛するデザイナー。PUBGの実況動画をご飯を食べながら見るのが趣味

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント2件

  1. take より:

    はじめまして、アウトラインの支給データを修正する仕事が多いデザイナーです。

    Ai→PNG書き出し→GoogleドライブにUP→Googleドキュメントで開く
    でも同様にテキスト化できるのでオススメですよ。
    「ー」とかが半角になるなどの精度は同じくらいですが、
    Googleは修飾・加工してあるテキストも読み取ってくれることが多いです。

    • デザイナーIY より:

      なんと!!!この方法を試して、後日追記させていただきます!!ありがとうございます。

人気の記事