TOP > デザイン > Photoshop > Photoshopで画像をトリミングする方法と驚きの機能

Photoshopで画像をトリミングする方法と驚きの機能 Photoshop

Photoshopで画像をトリミングする方法と驚きの機能

デザイナーHR

2020/01/14

85

LineLine

はじめに

デジカメやスマホで撮影した画像を好みの形に切り出したいとき、Photoshopを使えば簡単にトリミングすることができます。

画像を好きなサイズにトリミングすることはもちろん、最近では画像に表示されていない部分でもAiが自動で追加生成し、大きなサイズにトリミングすることもできてしまうようです。

 

色んなトリミング

 

今回はPhotoshopを使った画像のトリミング方法をいくつか紹介していきます。

 

Photoshopで画像をトリミングする方法

トリミングはいろんなやりかたで行うことができます。順を追って説明していきます。

 

選択範囲ツールを使ってトリミング

一番自由に切り抜きができる方法です。

画像を用意します。

 

トリミング

 

選択範囲ツールを選択します。

次にトリミングしたい形に選択範囲ツールで四角い形をつくりましょう。クリックしたまま好きな方向に引っ張れば枠を作成できます。

 

選択範囲ツールで画像を囲む

 

四角くできたら「イメージ」→「切り抜き」を選択したらトリミング完成です。

 

画像をトリミング

 

画像が四角く選択した形にトリミングされました。

選択範囲の形を変えたい場合は、command+Z(windowsならctrl+Z)で四角い形をつくる前まで戻り、好みの形になるまでなんども作りましょう。

 

大きさはよくても場所が少し違うといった場合は、四角の形の中を選択した状態で動かせば四角を移動できます。

好みの場所に動かしてよければ「イメージ」→「トリミング」でトリミング完成です。

 

トリミング 位置変更

 

ただし、この方法は比率やサイズなどの指定をすることはできないので、細かい指定をしたい場合には向いていません。

 

切り抜きツールをつかってトリミング

縦横比率を指定したり、サイズ指定したり、画像を傾けて角度をつけたりすることができます。

 

切り抜きツールを選択します。

すると、カンバスサイズと同じサイズの切り抜きボックスが表示されます。

 

切り抜きツールでトリミング

 

上下左右、四隅のどの部分でもいいのでクリックしてドラッグすれば、切り抜きボックスの形を変えることができます。

色々動かして調整してみましょう。

 

切り抜きツールでトリミング

 

よければenterを押すか、画面右上の○と書かれたアイコンをクリックしてトリミング完成です。✗と書かれたアイコンはトリミングサイズの解除となります。

 

切り抜きツールでトリミング

 

サイズ指定して切り抜く

画面左上に2つの空いたスペースがあるのでそこに縦横の数値を入力し、サイズ指定します。数値はピクセルでもmm単位でも入力可能ですが、何も指定していない場合はピクセル数値が入力されます。

 

サイズ指定してトリミング

 

よければenterを押すか、画面右上の○と書かれたアイコンをクリックしてトリミング完成です。この場合、※ピクセル指定なので画像が大きい場合はサイズが小さくなって画質が荒くなります。

 

サイズ指定してトリミング

 

ちなみに、サイズ指定枠の真ん中にある矢印をクリックすると、縦横のサイズを入れ替えることができます。

 

トリミング 縦横サイズ入れ替え

 

比率でトリミングする

縦横の比率を維持したまま大きさをトリミングしたい場合は、画面左上にあるタブをクリックし、「比率」を選択します。1対1や、2対3、ウェブ用サイズなども選択できるので、色々さわって試してみましょう。

 

切り抜きツール 比率を設定

 

 

トリミングの角度を変える

トリミング枠の四隅外側にポインタを移動すると、カーブした矢印が出現します。

そのまま選択して回転させれば、画像に角度をつけることができます。好みの角度に変えてみましょう。よければenterを押すか、画面右上の○と書かれたアイコンをクリックでトリミングされます。

 

トリミング 画像回転 角度調整

 

動画でどうぞ

 

トリミングの角度を変える

 

切り抜いた画像を残す

画面右上にある「切り抜いた画像を削除」のチェックボックスを外せば、トリミングした後でも画像自体は切り出されず、カンバスサイズのみトリミングされた状態になります。

 

切り抜いたピクセルを削除

 

画像の位置を変えたいときや大きさを変えたい場合に便利です。もしものときのために、保険としてチェックを外しておくことをオススメします。

 

コンテンツに応じた塗りつぶしをする

冒頭でも簡単におみせしましたが、この機能はAiが画像の見えていない部分を感知し、その周りにある画像情報からヒントを得て新たなイメージを生み出す機能です。

無から有を生み出す。。他のすばらしい機能たちが霞んで見えてしまうほどのとんでもないオプション機能です。

 

やりかたは簡単です。画面右上にある「コンテンツに応じる」にチェックを入れ、画像より少し大きめのサイズにトリミングします。

 

コンテンツに応じる チェック

 

サイズが決まったらenterを押せば、大きめにはみ出した部分をAiが自動で生成し、新しいイメージを作り出してくれます。

 

コンテンツに応じる 画像生成

 

コンテンツに応じる 画像生成

 

これはもはやトリミングちゃう。。w

トリミングの概念が覆る新しいトリミングの時代が到来しているようです。

 

他にも色々試してみました。

たくさんの花の場合

コンテンツに応じる

これはぱっと見ではほぼ分からないレベルのクオリティです。

 

ピアノの場合

コンテンツに応じる

すごい!ピアノの鍵盤ができて。。いや、おしい!!

 

 

奥行きのある建物の場合

コンテンツに応じる

これはさすがに厳しいですかね。笑

それでも奥行きのあるをそのまま維持させて画像生成させているところはすごいですね。

 

動画でもどうぞ

コンテンツに応じる

 

「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能 現場で使えるか?の記事はこちら

 

画像サイズに合わせてトリミング

切り抜かれた画像や被写体の周りに余白スペースがある画像に対し、必要最低限のスペースを残してトリミングしたい場合に便利です。

 

画像に合わせてトリミング

 

このような切り抜かれた画像を用意します。↓

画像に合わせたトリミング

 

「イメージ」→「トリミング」を選択します。

トリミングと書かれたパネルが出現しますので、トリミングする部分と書かれた項目の上端、下端、左端、右端にチェックを入れてOKを押せば

 

トリミングを選択

 

被写体のサイズだけ残し、トリミングが完成となります。

 

画像に合わせてトリミング

 

とっても簡単です。

 

 

まとめ

以上Photoshopを使った画像のトリミング方法の記事でした。

以下に内容をまとめましたので参考にしてください。

 

●画像サイズを自由に決めてトリミングしたい場合

選択範囲作成ツールで範囲を選択してトリミング

※ただし、納品先によってはあとでサイズを決める必要があるかもしれない

 

●縦横サイズを数値指定してトリミングしたい場合、または、比率を維持してトリミングしたい場合は

切り抜きツールでサイズ指定してトリミング

 

●画像は切り出さずにカンバスサイズでトリミングしたい場合は

「切り抜いた画像を削除」のチェックボックスを外す

 

●足りない画像を新たに生み出したい場合は

「コンテンツに応じた塗りつぶし」にチェックを入れる

 

●画像サイズを必要最低限のサイズでトリミングしたい場合

「イメージ」→「トリミング」で上端、下端、左端、右端にチェックを入れてOKを押してトリミング

 

デザイナーHR

フォトレタッチとイラスト作成が得意なフリーランスのデザイナー。デザインがなんだかアメコミっぽくなる習性がある。ヒップホップを愛する。

85

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件