TOP > デザイン > Photoshop > フォトショ使うなら「調整レイヤー」を使おう!便利な機能と使い方を紹介

フォトショ使うなら「調整レイヤー」を使おう!便利な機能と使い方を紹介 Photoshop

フォトショ使うなら「調整レイヤー」を使おう!便利な機能と使い方を紹介

デザイナーHR

2020/07/28

0

LineLine

はじめに

Photoshopで画像の色合いや明るさの調整をしたけれども、やっぱりもう少し色合いを変えたいと思ったり、クライアントから「画像をもっと明るくしたい」なんて要望がはいったりした場合、再び画像に修正をくわえる必要があります。

 

こういったとき、Photoshopの「調整レイヤー」という機能を使えばもともとのカラー情報は失わずに、何回でも色調整をおこなうことができるのでとても便利です。

 

今回はPhotoshopの調整レイヤーの説明と使い方を紹介していきたいと思います。

 

Photoshopの「調整レイヤー」という機能を使えばもともとのカラー情報は失わずに何回でも色調整をおこなうことができるので、とても便利です。

 

調整レイヤーとは

調整レイヤーとは、画像やオブジェクトの色調整をおこなうための機能です。

 

普通の色調整とは何が違うのか

通常レイヤーにたいして色調整をする場合、レイヤーに直接変更をくわえていきます。

 

 

通常レイヤーにたいして色調整をする場合、レイヤー直接変更をくわえていきます。

 

レイヤーに直接加工をおこなうので、もとの画像情報は失われます。そして何度も修正をくわえると画質も劣化してしまいます。

 

レイヤーに直接加工をおこなうので、もとの画像情報は失われます。そして何度も修正をくわえると画質も劣化してしまいます。

 

それにたいして調整レイヤーは、画像の上に特殊なフィルターを配置し、そこに加工をおこないます。

 

それにたいして調整レイヤーは、画像の上に特殊なフィルターを配置し、そこに加工をおこないます。

 

そうすることでもとの画像には一切変更をくわえることなく何度でも修正をおこなうことができます。画質の劣化の心配もありません。

 

そうすることでもとの画像には一切変更をくわえることなく何度でも修正をおこなうことができます。画質の劣化の心配もありません。

 

 

調整レイヤーのメリット

色調整が簡単におこなえる

もともとのカラー情報を残しつつ色調整がおこなえる

カラー情報が残っているので、もしものときのために画像を複製しておく必要がない

複数の色調整(明るさや色合い、トーンなど)を設定することができる

何度色調整をおこなっても画質が劣化しない

 

調整レイヤーでかけられる調整

調整レイヤーににはいろんな種類の設定があります。これらすべての調整をおこなうことができます。

 

以下がその設定内容です。

●明るさ・コントラスト

画像の明るさとコントラストをそれぞれのスライダーで調整できます。

●レベル補正

画像のピクセル分布をヒストグラムで表示し、階調の調整をします。

●トーンカーブ

レベル、明るさ、コントラストなどを曲線で調整します。階調や色域の調整もできます。

●露光量

画像の明るさをRGB値の光の強さで調整できます。

●自然な彩度

彩度調整による階調の劣化を抑え、自然な彩度に調整できます。

●色相・彩度

画像の色相、彩度、明度を調整できます。

●カラーバランス

RGBカラーそれぞれの値の調整ができ、色調の補正ができます。

●白黒

カラー画像をグレースケール(白黒だけの色合い)へ変換できます。

●レンズフィルター

暖色系や寒色系など、物理的なカラーフィルターの効果を擬似的に再現できます。

●チャンネルミキサー

RGBカラーチャンネルの明度を調整し、色調の補正ができます。

●カラールックアップ

選択した3D LUT(3次元空間のカラーテーブル)の色調に変換できます。

●階調の反転

画像の階調を反転します。

●ポスタリゼーション

画像の階調数を少なくすしたポスタリゼーションの効果を調整できます。

●2階調化

2階調化したモノクロの境界(しきい値)を調整できます。

●グラデーションマップ

グレースケールの濃淡に対してグラデーションを設定できます。

●特定色域の選択

画像内にある特定の色域をCMYKカラーで調整し、色調を補正できます。

 

調整レイヤーの設定方法

それでは調整レイヤーを実際に画像に設定していきます。

 

3つの調整メニューから選ぶ

調整レイヤーをおこなう方法は3つあります。どの方法でも結果は同じです。

 

レイヤーパネルから

レイヤーが表示されているパネルにある白黒の円マークをクリックするとメニューが表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

レイヤーと一緒になっているので作業がしやすいかと思います。

 

レイヤーが表示されているパネルにある白黒の円マークをクリックするとメニューが表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

 

レイヤーメニューから

上段メニューの「レイヤー」から「新規調整レイヤー」→メニュー表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

 

上段メニューの「レイヤー」から「新規調整レイヤー」→メニュー表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

 

ウィンドウ「色調補正」から

ウィンドウメニューから「色調補正」を選択すると色調補正とかかれたパネルが出現します。そこには設定メニューがアイコンで表示されます。

 

ウィンドウメニューから「色調補正」を選択すると色調補正とかかれたパネルが出現します。そこには設定メニューがアイコンで表示されます。

 

矢印をおくと設定名が表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

 

矢印をおくと設定名が表示されるのでそこから好みの設定を選択します。

 

設定をおこなう

どの方法でもいいので何か設定をおこないます。項目を選択すると、その属性パネルが出現します。

 

どの方法でもいいので何か設定をおこないます。項目を選択すると、その属性パネルが出現します。

 

そこのゲージをスライドして調整します。

 

そこのゲージをスライドして調整します。

 

そこのゲージをスライドして調整します。

 

これで設定完了です。画像が明るく(暗く)なりました。

画像レイヤーの上を見ると、調整レイヤーが適用されているのがわかります。これが調整レイヤーです。

 

画像レイヤーの上を見ると、調整レイヤーが適用されているのがわかります。これが調整レイヤーです。

 

別の設定を追加する

さらに別の設定をくわえたい場合、おなじように設定することで簡単に追加することができます。

ここでは色相・彩度を選択し調整してみました。

 

さらに別の設定をくわえたい場合、おなじように設定することで簡単に追加することができます。

 

スライダーを動かして設定完了です。

 

スライダーを動かして設定完了です。レイヤーパネルを見ると、調整レイヤーがもうひとつ追加されました。

 

レイヤーパネルに新たにくわえた調整レイヤーが追加されました。

 

レイヤーパネルに新たにくわえた調整レイヤーが追加されました。

 

設定は何個でも追加することが可能です。

 

調整レイヤーの設定を再調整する

設定を再び調整したいという場合は、レイヤー上部にある調整レイヤーの項目をクリックして再調整することができます。とっても簡単です。

 

設定を再び調整したいという場合は、レイヤー上部にある調整レイヤーの項目をクリックして再調整することができます。とっても簡単です。

 

ゲージを動かすだけで色調整ができます。

 

ゲージを動かすだけで色調整ができます。

 

調整レイヤーのon off

設定を一時的になくしたい場合は、調整レイヤー横にある目のアイコンをクリックすれば効果を消すことができます。

再び効果を見せたい場合はおなじように目のアイコンをクリックします。

 

再び効果を見せたい場合はおなじように目のアイコンをクリックします。

 

調整レイヤーの複製・コピー

複製したい調整レイヤーの上で右クリックするとメニューがひらきます。

 

複製したい調整レイヤーの上で右クリックするとメニューがひらきます。

 

その中にある「レイヤーを複製」をクリックするとパネルが出現します。

 

その中にある「レイヤーを複製」をクリックするとパネルが出現します。

 

レイヤーの名称を入力し、次にドキュメントと書かれた項目から複製したい複製先のファイルを選択します。

 

レイヤーの名称を入力し、次にドキュメントと書かれた項目から複製したい複製先のファイルを選択します。

 

選択したらOKを押せば複製した調整レイヤーが別のファイルに反映されます。

 

選択したらOKを押せば複製した調整レイヤーが別のファイルに反映されます。

 

調整レイヤーの注意点

以上が調整レイヤーの設定方法ですが、以下に調整レイヤー作成における注意点を記載しておきます。

 

調整レイヤーは、下にあるレイヤー全てに影響する

もうお気づきの方もいるかと思いますが、調整レイヤーは、調整レイヤーの下にある画像やオブジェクトのレイヤーすべてに効果が反映されます。

 

もうお気づきの方もいるかと思いますが、調整レイヤーは、調整レイヤーの下にある画像やオブジェクトのレイヤーすべてに効果が反映されます。

 

なので、部分的に明るさや色合いの調整をくわえたいという場合には別で設定をおこなう必要があります。

 

調整レイヤーを直下のレイヤーだけにかけたい場合

調整レイヤーを1つのレイヤーにたいしてのみおこないたい場合はこちらの方法で実行します。

optionを押しながら、レイヤーと調整レイヤーのちょうど間の部分に矢印をもっていくと、90度の角度がついた矢印のアイコンが出現します。

 

調整レイヤーを1つのレイヤーにたいしてのみおこないたい場合、optionを押しながら、レイヤーと調整レイヤーのちょうど間の部分に矢印をもっていくと、90度の角度がついた矢印のアイコンが出現します。

 

このタイミングでクリックをすれば、その下にある画像にのみ調整レイヤーの効果を適用することができます。

 

このタイミングでクリックをすれば、その下にある画像にのみ調整レイヤーの効果を適用することができます。

 

動画でもご覧ください。

 

調整レイヤーをひとつのレイヤーに何個も適用したい場合は、さらにその上にある調整レイヤーと調整レイヤーの間をoptionを押しながらクリックすれば適用できます。

とても簡単です。

 

以上が調整レイヤーの使い方の紹介でした。

色の補正をおこないたい場合は迷わず調整レイヤーを使っていきましょう。

 

デザイナーHR

フォトレタッチとイラスト作成が得意なフリーランスのデザイナー。デザインがなんだかアメコミっぽくなる習性がある。ヒップホップを愛する。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件