TOP > デザイン > illustratorのクリッピングマスクはさらに便利になっている!

illustratorのクリッピングマスクはさらに便利になっている! デザイン

illustratorのクリッピングマスクはさらに便利になっている!

デザイナーHR

2019/02/17

9

LineLine

こんにちは

今日はillustratorに搭載されているマスク機能の紹介をしたいと思います。
マスク機能とは、イラレを使って何か制作している人であれば必ずといっても利用している機能で、デザインに携わっていくのであれば超重要必要不可欠な機能です。

この機能を利用すれば、作業の効率化を図るだけでなく、見せ方、表現の幅が広がる事間違いなしです。

イラレのマスクを使ってできる事

イラレのマスク機能を使って出来る事、実際によくある利用シーンを紹介していきます。

マスクの基本説明

マスクはオブジェクトや画像などをもうひとつのオブジェクトのサイズに合わせてトリミングができる機能の事です。

例えば筆者のアイコンを適当な枠でマスクします。この時トリミングしたい枠Aが内包したいオブジェクト(画像)Bより前面に来ている事がマスクを行う基本です。

マスクの基本機能マスクの基本機能macならcommand+7(winならcontrol+7)でマスクができます。マスク枠外の部分には表示されなくなりました。

マスクの基本機能

マスクの基本機能

色をつけて完成ですが、マスクに色はつけられませんので、色のついた丸のオブジェクトを最下部に配置してください。

マスクを解除したい場合はオブジェクトを選択してcommand+option+7(winならcontrol+alt+7)で解除できます。

マスクの基本機能

 

 

マスクをした後も白矢印でトリミングのサイズを変更したり、

マスクの基本機能

マスク内部の位置を移動させたり

マスクの基本機能

拡大、縮小したりマスクの基本機能

一部を削除したり編集したりもできます。

マスクの基本機能

 

例えば

マスクはこんな時使えます

写真をマスクする

写真の一部をトリミングして使用したい場合に使えます。

画像をマスク

複数のオブジェクトにマスクをかける

複数のオブジェクトにマスクをする場合、マスクをしてもマスクが反映されるのはオブジェクト内のどれか一つだけになってしまいます。ですのでこの場合、複数のオブジェクトを全て選択し、複合パスを作成してからマスクを行います。

※〔複合パスとは〕複合パスとは、複数のパスを一つのパスとして扱っているもので、パスが重なり合った部分は透明に抜けて表示されます。オブジェクトを複合パスに変換すると、複合パスに含まれるすべてのオブジェクトに、最背面のオブジェクトのペイント属性とスタイル属性が適用されます。

複数オブジェクトにマスク

複数オブジェクトを選択し、複合パスを作成複数オブジェクトにマスク オブジェクトを前面に持っていきマスクを行えば成です。複数のオブジェクトに1枚の画像が部分的に映し出されています。
複数オブジェクトにマスク

テキストに素材をマスクする

生ビールと書かれたテキストの中にビールの画像をマスクしていきます。

やり方は簡単です。

マスクの中に収めたい画像とトリミングしたいテキストを適当にタイピングします。(今回は生ビールにしています)

 

テキストにマスク

 

用意した画像の上にテキストを配置→マスクで完成です。とっても簡単です。

テキストにマスク

 

そしてこのテキストマスク、、、テキストなのでマスクした状態のままでもフォントを変える事ができちゃいます。マスクした状態を保ったまま、フォントを変えるだけで雰囲気をガラっと変える事も、気に入らなければ元のフォントに戻すなんて事も可能です。
この機能はテキストマスクの最大のポイントといえるでしょう。

テキストにマスク

 

経験者ほど知らずに損している?最新のテキストマスク

余談ですが、少し前のイラストレーターではテキストにマスクをする際、テキストをアウトライン化後、アウトライン化したオブジェクトの複合パスを作成、という少し面倒な行程を経ないとマスクする事ができませんでした。ですが、上記で紹介した最新のイラレマスクでは、アウトライン化や複合パス化をする事なくマスクする事ができ、更に編集も出来てしまうので、これはもうイラレかなりの進歩といえます。

筆者も少し前まで筆者はこの方法を知りませんでしたし、イラレ歴の長い人ほど調べない傾向があるので、おそらく経験者ほど知らないんじゃないかと思います。こういった知識を定期的に更新していって、さらなる業務の効率化を図っていきたいところですね。

 

IY
知らなかった。。
HR
それはまずいです。。

 

Tシャツに大きめのデザインをプリントする

これは例えばのTシャツですので、もちろんTシャツでなくとも雑誌でもWEBサイトのトップイメージなど、他の場面でも同じような考え方で使えます。

Tシャツにロゴをマスク Tシャツにロゴをマスク

 

 

もうひとつのマスク、不透明マスクでできる事

もうひとつ頻繁に利用する不透明マスクという機能の紹介です。

 

不透明マスクの基本説明

こちらは先程のマスクとトリミングするというところでは同じですが、更にもうひとつ、画像の一部を透明〜半透明にする事ができます。

 

トリミングしたい枠を用意して、グラデーション白〜黒に設定します。(黒〜白でも状況に応じて)

不透明マスクの基本説明

 

マスクの中に収めたいオブジェクトの上にグラデーションオブジェクトを配置して
不透明マスクの基本説明

 

透明パレットの右上にあるタブをクリック→不透明マスクを作成をクリックします。マスク_画像上にテキスト

すると、黒の部分が透明になった絵が出来ました。不透明マスクはトリミングしつつ部分的に透明がかかっています。不透明マスクの基本説明

 

不透明マスクはこんな時使えます。

写真の上にテキストを配置する時

不透明マスクはテキストと組み合わせたい時とても役にたちます。

画像にテキストを配置したけれど、背景の画像が邪魔でテキストが見えづらい、そんな時は

マスク_画像上にテキスト基本説明同様、黒→白のグラデーションオブジェクトを用意してマスクします。左半分が不透明になった画像ができました。ただこれではまだ中途半端なので微調整を加えます。

マスク_画像上にテキスト

 

透明パレットにある赤枠の部分をクリックします。ここを選択する事でトリミングしているグラデーションの透明度のバランスや大きさの調整などが可能です。

選択した後グラデーションの強度や位置を調整します。

 

不透明マスクの基本説明

 

 

先程より大分テキストが見やすくなりました!マスク_画像上にテキスト

広告の世界はマスクと不透明マスクだらけで出来ている

マスクは広告やおよそデザイナーが手がけた制作物内においては、かなりの場面で利用されています。

例えば下の3つ折りパンフレットには↓赤い線がある分だけマスクが行われています。マスク_パンフレットの場合

 

 

これだけの画像がマスク、トリミングされています。マスクしていないとこんな感じになってしまいます。。マスク_パンフレットの場合

 

できるだけ写真の多い素材をピックアップしましたが、実際に現場ではこれ以上にマスクを利用する案件がたくさんあります。しかも媒体のジャンル問わずイラレを使用する機会があるのであればマスクを使わないで紙面を作り上げる事は中々難しいでしょう。

是非ともマスクと不透明マスクをマスターして、作業の効率化を図っていきましょう!

 

円型ツールとマスクだけで作ったイラストの紹介

 

youtubeチャンネルはじめました。

デザイナーHR

フォトレタッチとイラスト作成が得意なフリーランスのデザイナー。デザインがなんだかアメコミっぽくなる習性がある。ヒップホップを愛する。

9

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事