TOP > デザイン > Illustratorで文字をデザインしよう!タイトル、コピーに合った文字

Illustratorで文字をデザインしよう!タイトル、コピーに合った文字 デザイン

Illustratorで文字をデザインしよう!タイトル、コピーに合った文字

デザイナーKS

2018/12/25

0

LineLine

雑誌やチラシの構成において、メインとなるのがタイトル、キャッチコピーです。
文字や文章の意味も含めて、紙面全体の象徴となるので、デザインも一工夫したいところ。
今回はそのタイトル、キャッチコピーの作り方について考えたいと思います。

 

打ち文字だけでは物足りない

紙面の中で、タイトルは何か、キャッチコピーは何かということはデザインにおいてかなり重要となります。
その言葉でデザインの方向性が決まると言ってもいいくらいです。

コピーやタイトルはライターがいない場合や、クライアントから降りてこない場合が多々あるので、デザイナーが言葉選びを任されることもあります。
コピーライターが素晴らしいキャッチをガツンと一言出してくれれば、その言葉の力だけでなんとかなったりしますが、そうじゃない時は尚更「見せる力」が必要です。

打ち文字だけでは表現が物足りない…
という時に困らないように、表現方法の幅を広げておきましょう。

 

一手間加えて文字に説得力を持たせる

ここからは例を挙げて実際に作っていきたいと思います。

・文字にインパクト、スピード感をつけてみる。

例えば「最速!」というキャッチコピーだったとします。インパクトがほしいところですよね。

まずはフォントを選びます。ゴシック系でウェイトの重いものを選びました。

フォントを選ぶ

ゴシックMBのウェイトBで設定しました

これだけでもまあまあインパクトはありますが笑
より「最速」っぽくしていきましょう。

文字をアウトライン化し、シアーを15度かけてみます。

フォントのアウトライン化

アウトラインをかけます

シアーツール

シアーツールを使って斜めにします

 

ペンツールでエッジに細工していきます。

ペンツールでエッジを細工

アウトライン化することで、スマートガイドをオンにしていればパスやポイントにスナップしてくれるのでおすすめです。

 

だいぶ最速感が出てきたんじゃないでしょうか。

細工を増やし雰囲気を出す

スピード感が出るように細工を増やしていきます。増やしすぎには注意。

 

元のフォントで気にくわない形もこういう風に修正します。

フォントの形を修正

筆の入りや曲線など、今回の雰囲気に合わない部分は修正します。

 

最終的にこういう形になりました。ただの打ち文字に比べて最速!というのが見た目でもわかりやすくデザインされています。

文字の完成

スピード感を表現した文字の完成です。

 

必要に応じて、自由変形ツールを使って動きを出したり、回転ツールで斜めにレイアウトするなどの工夫もありですね。

自由変形ツールを選択し、バウンティングボックスの端をcommandを押しながらつまむことでより勢いを出せます。

 

やんわり、のんびり、曲線を使って文字を作ってみる

今度は「のんびり」というキャッチコピーだったとします。

フォントはウェイトの軽い明朝系にしました。

フォントを選択

リュウミンのRを選びました。

 

だらっとした感じを出したいので少し平体で潰して、文字間を空けます。

フォントの設定

平体80%、文字間500にしてみます。

 

そしたら文字にアウトラインをかけて、ペンツールで好みの曲線に書き換えます。

今回はリラックスするような、だらだらふにゃふにゃといったイメージで作ります。

ペンツールで改造する

アウトライン化してペンツールで改造します。

 

あまり崩しすぎると読めなくなってしまうので、元のフォントのパーツは残しつつ形を整えていきます。

バランスを整える

元のフォントの曲線を活かしつつ、足したり引いたりしてください。

 

パーツをバラバラにしたり、繋げたり、伸ばしたり、縮めたりしながら…

パーツを分解したり、結合したりする

使えるパーツは残しつつ、後から繋げたりして一文字一文字作っていきます。

 

そうして出来上がった文字がこちら。のんびりとした雰囲気が出たんじゃないでしょうか?

少しやりすぎた気もしますが…笑

文字の完成

のんびり完成です。最後に文字間など、全体のバランスを整えるのを忘れずに。

 

いずれも、コピーに合った形状に文字を変えることで、より見る人に伝わりやすくなっていると思います。

言葉とデザインを合わせて、打ち文字だけでは出せないオリジナルの魅力を出せれば効果的です。

しかし、やりすぎには本当に注意です。タイトルやコピーが読めなくなってしまったら本末転倒ですからね。

 

テクニックを増やして応用を利かせよう

②で紹介した文字の作り方は、別に紹介した場合のみに使える作り方ではありません。
「スピード感」「のんびり」として例を挙げていますが、応用すると色々な場面で使えます。

要は文字に一手間加えているというだけです。
そういった小技を増やし、応用することでデザインの幅は広がります。

 

伝わることが大事

今回紹介した小技は、より紙面の内容をわかりやすく、端的に伝えるためのデザインテクニックです。
ここで小技を学ぼうが、大技を学ぼうが、結局のところ伝わらなければ意味がありません。
伝えたいことを的確に表現できる感性こそが最も大事です。
が、感性はあるのにデザインの幅が無くて表現したくてもできないでは困りますよね。
そのためにもひきだしは増やしておきましょう。

youtubeチャンネルはじめました。

デザイナーKS

元自衛官で、漫画家志望のデザイナーという異色の経歴。イラストレーターでイラストをサクサク描くのが得意技。アニメーションなどにも長ける。センスのみでご飯を食べてる、稀有なデザイナー。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事