TOP > デザイン > Illustrator > イラレの反転は複雑な形状を描くときに使う

イラレの反転は複雑な形状を描くときに使う Illustrator

イラレの反転は複雑な形状を描くときに使う

デザイナーIY

2020/01/27

0

LineLine

 

文字やオブジェクトなどを反転する際は、「リフレクトツール」を使います。

 

  • 複雑なオブジェクトを同じように作るのが難しい場合
  • スピードアップさせたい場合

 

が楽にできるようになります。

 

リフレクトのやり方

反転したいオブジェクトを選択します。次に、ツールバーの「リフレクトツール」を選択します。すると反転する際の基準となる水色のポイントが表示されます。

 

オブジェクトの中心にリフレクトの基準となるポイントが表示されます

 

Macならoption(Winならalt)を押しながらドラッグで基準点を移動させます。

 

リフレクトツールの基準点を移動

 

「垂直」にチェックが入った状態で「コピー」します。これで完成です。

 

イラレの垂直反転の完成

 

垂直反転と水平反転

この例である垂直反転です。基準となるポイントを決めて、その名の通り垂直に反転します。

 

イラレの垂直反転

 

水平反転も同じように水平に反転します。

 

水平反転

 

パスが閉じてないオブジェクトも可能

作成途中でパスがとじていなくても大丈夫です。複雑な角度がついたオブジェクトはリフレクト機能が便利です。

 

パスが閉じていないオブジェクトのリフレクト

 

重なり合っていますが、パスが閉じられていませんので、ダイレクト選択ツールで重なりあうパスを選択して、「オブジェクト」→「パス」→「連結」でパスどうしをつなげましょう。

 

パスの連結

 

イラレのパス結合について詳しくはこちらから

 

デザイナーIY

普通の4大在籍中に、美大などに憧れを持ちつつ、コピー機を使ったコラージュなどでデザインに目覚める。DTP、ムービー、Web、3D、一通り経験したのち、最終的に作ることから、ウェブマーケティングで売ることにジョブチェンジする。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

CAPTCHA


コメント0件

人気の記事