TOP > デザイン > Illustrator > Illustratorの塗りつぶしはない?いえライブペイントがあります。

Illustratorの塗りつぶしはない?いえライブペイントがあります。 Illustrator

Illustratorの塗りつぶしはない?いえライブペイントがあります。

デザイナーIY

2019/09/01

0

LineLine

塗りつぶしツールがないのでは?という勘違い

イラレにも塗りつぶしツールがあります!癖が強めですが、ライブペイントという機能があります。基礎ではイラレの基礎的な「塗り」の概念。応用では塗りつぶせるライブペイントについて説明します。

 

基礎:パスを閉じる通常の塗りつぶし

Illustratorでは、「線」と「塗り」でできています。長方形ツールなどでオブジェクトを作るだけです。ツールパネルに表示された通りの「線」と「塗り」の色になります。

 

イラレのパスを閉じる通常の塗りつぶし オブジェクトをつくって塗りと線を設定

入れ替え矢印のボタンをクリックすることで、「塗り」と「線」の色が入れ替えることができます。

 

イラレのパスを閉じる通常の塗りつぶし 線と塗りを入れ替える

 

ツールパネルの塗りと色は上と下の概念があり、上のときにカラーを変更できます。ツールパネルの塗りと線部分をクリックすることで上下が入れ替わります。

 

イラレのパスを閉じる通常の塗りつぶし 塗りと線はクリックすることでアクティブになり色を変更できる

 

それでは実際にやってみましょう。塗りを上にした状態でスウォッチパネルの任意のカラーを選択すると色を変えることができます。

 

イラレのパスを閉じる通常の塗りつぶし スウォッチから色をつけられる

 

はい、これだけです。

 

応用:パスを閉じずに塗りつぶせるライブペイント

次にいわゆる塗りつぶしにはいります。「パスを閉じずに塗りつぶせる」というのは、ここではクローズパスではないオープンパスでも大丈夫という意味です。

 

イラレのオープンパスとクローズパス

 

イラストをスキャンして、ライブトレースという機能をつかってイラストの線をパス化して色を塗るパターンと、ペンツールを使ってパス化してからトレースする場合の2つの方法です。

 

手書きをスキャンして塗りつぶし

まずは手書きをスキャンします。

手書きをスキャンした簡単なイラスト

 

ライブトレース

次にイラストの線を自動でパス化するためにライブトレースを行います。

 

ライブトレースの詳細はこちらから

 

画像を選択した状態で、「オブジェクト」→「画像トレース」→「作成して拡張」

 

応用:パスを閉じずに塗りつぶせるライブペイント 画像を選択してオブジェクトから画像トレースを選択

これでパス化できました。

 

ライブトレースによってパス化されたイラスト

線が太いので、ライブトレースだけで、色の塗り分けができました。単純なイラストの場合は、ライブペイントを使わなくても選択範囲に色の塗りつぶしができます。この場合は髪部分を選択して塗りをスウォッチから青色にしました。

 

パスを選択して塗りを青色に変更

 

同じ色を塗りたい場合は、スウォッチから選択しなくても、同じ色にしたい瞳の色を選択した状態で、スポイトツールをクリックすることで反映されます。

 

スポイトツールで任意の色をひろう

はい、完成しました。ライブトレースした色の塗りつぶしをしたイラストの完成です。

 

ライブトレースを使った塗りつぶし

 

手書きをスキャンしてトレース

上記の例ではライブトペイントが出てこなかったので、もう少し複雑なイラストにしてみます。手書きでさっきよりも、もう少し複雑なイラストを描きます。

 

手書きイラストのスキャン2

 

ペンツールでトレース

ペンツールでトレースします。塗りを意識せずに、どんどんイラストの線に沿って黒線をいれていきます。

 

 

ペンツールについてはこちら

 

パスを選択して、「オブジェクト」→「ライブペイント」→「作成」します。✳︎マークが出るとライブペイントが可能な状態になります。

 

ライブトレースを使った塗りつぶし ライブトレースでパス化

 

ライブペイント選択ツールで、どの部分がライブペイントが可能かがわかります。このイラストでいうと、一部しかライブペイントができません。

 

ライブペイント選択ツールでライブペイント可能箇所を発見

 

ざっくりパスを描いているので、あちこち隙間があります。隙間があるとライブペイントできません。

 

ライブペイントしたいが隙間があちこち

 

隙間を埋めるために「オブジェクト」→「ライブペイント」→「隙間オプション」を選択します。

 

ライブペイントの隙間オプションを選択

 

隙間オプションの隙間の検出ボタンをクリックすると、なんと「検出された隙間14」箇所もあります!ちょっと雑なトレースですねw

 

ライブペイントの隙間オプションを選択で17箇所の隙間を検出

スペースが広い雑なトレースなので、「広い隙間」を選択し、「OK」します。

 

ライブペイントの隙間オプションの広い感覚を選択

 

これでライブペイントの準備ができました。ライブペイントツールで選択ができるようになりました。

 

 

というわけで、ライブペイントで塗りつぶししていきます。ライブペイントは3つのバケツになっていて、←→でスウォッチの中のカラーを切り替えできる仕様になっています。

 

ライブペイントツールで実際の色付け動画

 

これで色を塗り終えて完成です。

 

Illustratorの塗りつぶしの完成

 

加工がしやすいように、「オブジェクト」→「ライブペイント」→「解除」で塗りと線をわけることもできます。

 

ライブペイントの解除で塗りと線を分けた図

デザイナーIY

普通の4大在籍中に、美大などに憧れを持ちつつ、コピー機を使ったコラージュなどでデザインに目覚める。DTP、ムービー、Web、3D、一通り経験したのち、最終的に作ることから、ウェブマーケティングで売ることにジョブチェンジする。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事