TOP > デザイン > Illustrator > Photoshopとは?Illustratorとは?2つの特徴と違うところ

Photoshopとは?Illustratorとは?2つの特徴と違うところ Illustrator Photoshop

Photoshopとは?Illustratorとは?2つの特徴と違うところ

デザイナーHR

2019/11/22

0

LineLine

はじめに

Adobeを代表するグラフィックソフトに、PhotoshopとIllustrator2つがありますが

はじめて購入する人や少ししかさわったことがない人にとっては違いが分かりずらいかもしれません。

 

そんな人向けに、この記事では以下の内容を紹介していきます。

 

  • Illustratorの特徴
  • Illustratorでできること
  • Photoshopの特徴
  • Photoshopでできること

 

紹介していきますが、それらを紹介する前に結論からお伝えしておきます。

 

●Illustratorは

ロゴやイラスト、雑誌やチラシ、ポスターなどの平面のデザインをつくることを得意としたソフトです。

図形やイラスト、印刷物の作成はイラレ、とおぼえておいてください。

 

●Photoshopは

写真の加工や写真同士の合成、写真の詳細な色調整など、画像を扱ったデザインを得意とするソフトです。

画像の加工はフォトショップ、とおぼえておいてください。

 

Illustrator、Photoshop特徴と違うところ

結論を見た上で、それらの特徴と違いを詳しくみていきましょう。

 

ベクトルデータとビットマップデータ

2つのソフトが採用しているデータ表示方式です。

 

ビットマップデータとベクトルデータ

 

ベクトルデータ

ベクトルデータ(ベクターデータともいいます)は、ポイント(点)ライン(線)ポリゴン(面)の3つの要素で表現したものです。

ベクトルデータはどんなに拡大しても画質が荒くなりません。

 

ベクトルデータ 特徴

 

ビットマップデータ

ビットマップは細かいドットが集合して色を表現します。拡大すると画質が荒くなりますが、ドットひとつひとつに色がつけられるので、ベクトルデータではできない細かい色や陰影の強弱の表現ができます。

 

ビットマップデータの特徴

 

Illustratorの特徴

イラストレーターはベクトルデータを扱います。ベクトルなので、はっきりとした線や色を表現することができます。

図形やイラストをつくることに特化したソフトです。

 

おもななツールや機能は

●楕円形ツール

円や四角、三角、六角形などの図形の作成。

↓楕円形ツールを使ってグラフをつくる。

 

楕円形ツールでグラフ作成

 

●パスファインダーツール

楕円形ツールでつくったオブジェクトを分割したり、別のオブジェクトと合体させたりできる。

↓楕円形をパスファインダーで分割して吹き出しをつくる

 

パスファインダーで吹き出しを作る

 

illustratorのパスファインダーの現場テクニックの詳細記事はこちら

 

●ペンツール

ペンツールという直線や曲線を自由に描けるツールを使ってイラストやロゴなどをつくりだすことができます。

↓ペンツールで画像をトレースして似顔絵を描く。

 

ペンツールでイラストを描く

 

 illustratorのペンツールの詳細記事はこちら

 

●レイヤー 

アニメのセル画のようにテキストやオブジェクトを階層に分けて管理することができます。表示のON、OFFができるので、使わないレイヤーを目隠ししておくこともできます。

↓テキストやイラスト、画像などをレイヤーごとに分けて管理することができる。

 

テキストとイラストをレイヤーごとに分ける

 

illustratorのレイヤーに関する詳細記事はこちら

 

Illustratorでできること

具体例をみていきます。

 

ロゴ制作・パッケージデザイン

ベクターデータなので、はっきりとした線や色でロゴやロゴを使ってパッケージデザインをつくることができます。

 

イラレでロゴやパッケージデザイン

 

作ったデータはテキストのアウトラインをとって印刷会社に入稿することができます。印刷物をPhotoshopで入稿することはほぼありません。

 

 Illustrator デザイナーがたぶん知らない入稿チェック方法の記事はこちら

 

キャラクターの制作

先程動画でも紹介しましたが、画像をペンツールでトレースして人物の似顔絵を描いたり、オリジナルでアニメや漫画のキャラクターを描くこともできます。

 

イラレで似顔絵、キャラクター制作

 

 illustratorの初心者でも人物をカンタンにイラスト化の詳細記事はこちら

 

雑誌や広告のデザイン・編集

雑誌の表紙〜ページのデザイン、編集をすることができます。いわゆるDTP(Desktop Publishing)オペレーションができます。画像はPhotoshopで加工したものをのせることもできます。

 

イラレで雑誌・カタログ・広告制作

 

パターンの作成

イラレでは図形を組み合わせてパターン(連続した柄)のデザインをつくることができます。

作ったパターンをPhotoshopにもっていけば画像に合成することもできます。

 

イラレでパターン作成

 

 illustratorのパターンのつくりかたの詳細記事はこちら

 

図形やイラストをつくるときはイラレがオススメです。

 

Photoshopの特徴

フォトショップはビットマップデータを扱っていて、おもに画像の加工を得意としています。

写真を切り抜いたり、別の写真と合わせて新しいイメージをつくりだしたり、色や明るさの調整などができます。

 

主なツールや機能

●ペンツール

ペンツールでパスをひくことができます。切り抜きや、画像をマスク(トリミング)するさいに利用します。

 

ペンツールで切り抜き

 

●被写体を選択

PhortoshopではAiが自動で人やモノを認識し、選択範囲を作成することができます。選択範囲を作成すれば、切り抜いたり、擬似的に周りをみえなくする「マスク」という効果の設定もできます。

↓被写体を選択で人物を切り抜き

 

被写体を選択で切り抜き

 

Photoshop  Adobe senseiの「被写体を選択」は実際現場で使えるのか?の詳細記事はこちら

 

●他の画像とトーンをあわせる

Photoshopは、画像と画像を合成することができます。画像に合わせて色調の調整もおこなえるので、全体のトーンをカンタンに合わせることができます。

 

画像と画像を合成する

 

Photoshop 画像と画像を違和感なく合成するテクニックの詳細記事はこちら

 

●ブラシツール

オリジナルブラシからフリー〜有料素材のブラシも利用することができ、本物の筆で描いたような繊細なタッチの表現もできます。

 

ブラシツールを使って油絵を描く

 

Photoshop ブラシ 基本的な使い方からレタッチの活用まで の詳細記事はこちら

 

●コンテンツに応じた塗りつぶし

枠でおおった人やモノを、違和感なく消しさることができます。こちらもAiが自動で補正をしてくれます。

 

コンテンツに応じた塗りつぶし

 

「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能の記事はこちら

 

●ゆがみツール

ゆがみをつかえば、画像を自由に変形することができます。顔を細くしたり、目をつりあげたり、体を細くしたりなど、はじめての人でもカンタン自由自在です。

 

ゆがみツールで自由に変形する

 

●レイヤー効果

オブジェクト(レイヤー)に影や光彩、テクスチャなどの効果をくわえることができます。イラレでは表現しきれない細かい光沢の表現が可能です。

↓テキストに光沢感のある効果を適用する場合

 

テキストにベベルとエンボス

 

 

Photoshopでできること

具体例を紹介します。

 

写真の切り抜き、合成

ペンツールや、Aiの自動選択する機能を使って写真を切り抜いて、別の画像の上に配置してまったく新しいイメージをつくることもできます。

そして、illustratorで作ったロゴや図形をPhotoshopの画像に貼りつけることも可能です。

 

画像と画像を合成する

 

Photoshop 髪の毛の切り抜きの詳細記事はこちら

 

Photoshop 画像と画像を違和感なく合成するテクニックの詳細記事はこちら

 

Photoshop 立体的なボトルにロゴを配置する の詳細記事はこちら

 

写真の加工・レタッチ

動画でもお見せしましたが、写真を綺麗にしたり、ゆがみや変形をくわえて形を変えたりすることができます。

 

PS 画像を綺麗にしたり、ゆがませたりできる

Photoshopシミやシワ、そばかすなどを綺麗にする方法の詳細記事はこちら

 

色や明るさの詳細な調整

それらの画像の色彩や明るさの設定ができます。色相の統一や、白黒画像へ変更することも可能です。

 

Photoshopは画像の色や明るさを調整できる

 

ブラシを使って絵を描く

油絵や水彩画のような、本物の筆を使って描いたような表現ができます。透明度を調節したり、ペンタブを使えば筆圧の強弱をつけて描いたりもできます。

 

ブラシを使って水彩・油絵を描く

 

Photoshop ブラシ 基本的な使い方からレタッチの活用まで の詳細記事はこちら

 

webデザイン

webブラウザはピクセル、ビットマットデータで表現されています。ビットマップで表示するPhotoshopはwebとの相性が良く、jpgやpngへの書き出しがカンタンにできるのでほとんどの場合Photoshopでつくられます。

 

フォトショップでWEBデザイン

 

写真の加工やwebデザインはフォトショ、とおぼえておきましょう。

 

まとめ

イラレとフォトショの特徴と違いを紹介しました。

以下にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 

イラレはベクトルデータ

  • 拡大・縮小しても劣化しない。
  • ロゴやグラフ、イラスト制作が得意。
  • 雑誌・広告のデザインや編集(DTP)もできる。
  • 紙媒体の入稿はイラレでおこなう
  • WEBデザインもつくれるが、主流ではない。
  • 写真のような微妙な色合いを出すのは不得意。

 

フォトショップはビットマップデータ

  • 繊細な色や明るさの調整ができる。
  • 切り抜きをしたり画像と画像をあわせて新しいイメージをつくることができる。
  • ブラシで本物の筆で描いたようなタッチを表現できる。
  • WEBサイト制作に適している。
  • 拡大・縮小によわい。

 

以上、イラレとフォトショップの特徴と機能の紹介でした。

 

 

デザイナーHR

フォトレタッチとイラスト作成が得意なフリーランスのデザイナー。デザインがなんだかアメコミっぽくなる習性がある。ヒップホップを愛する。

0

LineLine

この記事のURLをコピー

コメントを投稿する

コメント0件

人気の記事